FC2ブログ

記事一覧

不倫人間 寂しがりだけど傷つくのが怖い人たち

西野ももかです。
ご訪問感謝致します。

不倫人間 寂しがりだけど傷つくのが怖い人たち

多くの人の不倫がうまくいかないのはそんな
寂しがりだけど傷つくのが怖い者同士が付き合うから、というのもあるのです。

会って顔を見れば安心するような小さな不安も
不倫だとそう簡単にいつでも会えるわけじゃないから2人の間にすれ違いが起きやすい。

そして30代40代の既婚となると男も女も恋愛経験をたくさん積んでいる。
結婚生活も経験している。

過去に傷ついた経験
傷付けられた経験

裏切った経験
裏切られた経験

恋愛のトラウマ

忘れられない人

私たちはあまりにも多くのモノを背負い過ぎているのかも知れません。

そうです

私たちはもうこれ以上傷付きたくないと無意識で思っている。

だから好きな相手との間に壁を作る。

心に剣を持ち鎧を着けている。

無防備になるのが怖い。

また傷つくのが怖い。

拒絶されるのが怖い。

好きな人が去っていくのが怖い。

そんな臆病な男と女だけど人を好きになる気持ちはなくならないから
びくびく震え怯えながら不倫する。

お互いに遠慮し合い

お互いの顔色を伺い

相手の気持ちが知りたいと想い悩む。

お互いに家庭があることにも気を使い合わないといけない。

相手の家庭は壊せない。

バレないように細心の注意を払い
心の中で風船のように膨らんだ「愛してる」の気持ちを抑圧し、私は割り切ってますという涼しい顔で逢瀬を迎える。

寂しいけど 傷つくのが怖い

不倫男も不倫女も根っこは同じ。

お互いに剣を下ろすことも鎧を脱ぐこともできないでいる。


ももか自身も5年間のW不倫を終えた今。


たくさん傷ついてボロボロになって男と己の醜さをたくさん知った。
その記憶を無意識下に無理矢理押し込んで、何事もなかったかのような顔をして生きてる。

男に人形のように扱われた経験
男の性欲処理の女として公衆便所のように扱われた経験
愛する男に鬱陶しがられた経験
愛する男に心から助けてほしいと差し出した手を、払いのけられ無視された時の悲しみ

男にそうさせてしまった原因はももか自身だし
悪いのはももかだということもわかってはいるけれどそれでもその傷は大きかった。

ももかの場合、W不倫のトラウマが大きすぎて
今、愛する優也さんに飛び込んでいけない、これ以上距離を縮めることができない自分がいる。

寂しい夜
優也さんが恋しい夜

LINEを送れば優也さんなら優しく受け止めてくれることはわかっていても

また依存してしまうのではないか?

万が一、LINEが返ってこなかったらどうしよう?

冷たく突き放されたらどうしよう?

そうやって過去の男にされてきた記憶が蘇ってきて優也さんに飛び込めない自分がいる。

寂しいくせに。

恋しいくせに。

LINEで繋がれただけでも安心するのに。

たかだかLINEの一通も送れないほど臆病になってる。


それはきっと、ももかだけじゃないと思う。

きっとあなたもあなたの彼も

世の中の不倫男、不倫女、
多かれ少なかれももかみたいに臆病になっていると思う。

本当は寂しいのに。

彼じゃなきゃ、彼女じゃなきゃ、埋まらない寂しさを抱えているのに相手と繋がることが怖い。

年齢と共に恋愛の免疫力が低下してきている。

傷付けられた時の傷の治りが若い時より遅い。


だから私たちは安易に行動して無駄な傷を負わないようにしている。

不倫男 不倫女

私たちは寂しがりだけど傷付くのが怖い。

それでも私たちは人を愛さずにはいられない。

愛は生きることそのものだから。


いつかその振り上げた剣を下ろし鎧を脱ぐことができた時
私たちは本当の愛に出会えるのだと思います。

******************************
例えばそう僕らは永遠に
生きていけるわけじゃないから
限りある時間の中で
どれだけ愛せるかなんだよ

浜崎あゆみ TODAY
******************************

では♡

コメント

コメントの投稿

非公開コメント