FC2ブログ

記事一覧

W不倫 彼の転勤

西野ももかです。
ご訪問感謝致します。

W不倫 彼の転勤

W不倫の彼が転勤になってしまいました!!

つらすぎて死にたいです!!

ももかは出会い系サイト出身なのでよくわかるのですが
出会い系サイトで新しい不倫相手を探している男性とメールをしてみると

・自分の転勤で前の不倫相手と別れたから新しい女を探している

・前の不倫相手の旦那さんの転勤で不倫相手が遠くに行ってしまったから、新しい女を探している

こういう男性がよくいました。


W不倫という関係において

・彼の転勤

・夫の転勤

この事態に私たちはなすすべがありません。

当たり前ですが家庭を持つ男性にとって不倫はあくまでも娯楽です。

生活の基盤である仕事が最優先。

転勤を命じられたら不倫どころではなくなるのが既婚男性です。


あなたは漫画の「NANA」って読んでいました?

一番最初、高〇生だった小松奈々は既婚男性と不倫をしていました。

でもあるときその既婚男性が東京に転勤になりました。

そこで彼は奈々に別れを告げました。

「仕事で東京に行くことになった。残念だけど、今日で会うのは終わりね」的な感じで。

奈々はものすごくショックを受けました。

(東京なら、新幹線で行けるし・・)とさっそく奈々は、遠距離不倫を続けることを考えました。


この男女の違い、わかります???


男性は転勤になった=残念だけどお別れだね、という発想

女性は転勤になった=遠距離恋愛になっても続けたい!という発想


転勤だから=(残念だけど)別れると考える男性

転勤でも=別れるのは嫌!と考える女性


男性は状況で判断する、一方で女性は感情で判断する。


転勤になってもそのまま付き合いを続ける男性と
転勤になったからといって彼女に別れを告げる男性

前者の男性は本気で後者の男性はしょせん遊びだった

そう思います?


ももかは一概にそうとは言えないと思います。


自分(男性)は転勤になった。

これから新しい土地に妻子を連れて行き新しい職場での仕事が待っている。

きっと彼女のことをかまってあげられる余裕もないだろう。

彼女に会いに行くこともままならないと思う。

彼女は寂しがりだからきっとそんな付き合いには耐えられない。

彼女に寂しい想いをさせるくらいなら別れてあげて、近くにいる新しい男を見つけた方が
彼女はきっと幸せだろう。

彼女は近くにいて、いつでも彼女を抱きしめてあげられる男と付き合うべきだ。


転勤になったと彼女に別れを告げる男性は
そんなふうに、彼女のことを想って別れようと言っているのかも知れません。


もちろん遠距離不倫でも本当にお互いを想い合っているカップルさんもたくさんいます。

ももかと優也さんだって遠距離です。
(片道2時間~2時間半)

実際にももかと優也さんがこのくらいの距離があってのお付き合いですので
ももか的には片道2時間~3時間くらいの遠距離であれば、続けていくことは余裕で可能かと思います。

ももか的に遠距離不倫について言えることは

まずLINEだスカイプだって、世界の裏側にいても一瞬で連絡を取り合えるインフラが整っている現代で遠距離不倫ができないわけがないと思います。

例え北海道と沖縄でも可能かと。

日本と海外でも可能ですよね。

そして会う頻度はさすがに少なくなるとは思いますが

お互いが本当に会いたければ綿密に段取りを組んで会うしかないと思いますしそれができないなら、そこまでです。

これだけ新幹線や飛行機があるのに会えないというのは、会う気がないだけですから。

不倫相手と会うときの家族への言い訳だってそもそも今まで不倫をしてきたわけですから、なんとでも自由になれる時間はあるのではないでしょうか?

本気で自由になれる時間がない人は、そもそも不倫自体ができないですし。

(子どもが小さいなどの理由で)
近くにいる人との不倫ならできたけど遠距離の人と不倫は無理
そういうケースもあるかと思いますが、それなら近くにいる男性を探すしかない。


これはあくまでもももかの経験から言えることですが

ももかの場合元W不倫の彼 幸一さんとは同じ市内に住んでいました。

お互いの自宅だって車で15分程度の距離でした。

ですので会おうと思えばいつでも会えました。

幸一さんに「仕事が終わったらももかのところに寄って!!」と言って
ももかのマンション近くのスーパーに車を止めて10分くらい会う、ということもできました。

それでも、当時のももかはそれでも不満だったのです。

近くに住んでいていつでも会える関係だったのに
それでもももかは不安だったし不満もたくさんあって、自爆をしまくっていたわけです。

泥沼のW不倫でしたから。

ももかは幸一さんと付き合っていたときはLINEがきても会えても、寂しかった。

ももかの寂しいの原因幸一さんじゃなかったから。

ももかが寂しいのはももか自身の問題だったから。

だから、そのことに気付いた今は違う。

ももかと優也さんは車で早くても2時間はかかる距離にいるし
会えるのも一年に数回、というレベルだけどそれでもももかは、満たされている。

寂しくもない。

なんと言いますかね、人と人が愛し合うのって距離は関係ないと思います。

物理的な距離よりも心理的な距離が近い方が女性の満足感は高いかと思います。

だってあなたは同じ家に住んでいる旦那さんのこと、愛してないでしょ?

同じ家に住んでいたってあなたと旦那さんは愛し合えない。

でも遠くに住んでいる相手でも心が繋がっていれば幸せだし、満たされた気持ちで生きていける。


会うことだけがすべてじゃない、ももかはそう思う。


転勤になったことであなたの彼があなたに連絡をくれなくなったとしたら、
それはもしかしたらあなたのことを想っての判断かも知れない。

愛する人が遠くに行ってしまう、

着いて行ける奥さんが羨ましい!

でもそれが現実。

彼は彼。

あなたはあなた。

「私はどんなに彼と離れても例え会えなくても、彼を心から愛している」

そういえますか?

あなたの気持ちが1ミリもブレることなく。

何の迷いもなく。


ももかは言えますよ?


ももかは例えどんなに遠くにいても例え会えなくても、優也さんのことを心から愛していますと。





では♡

コメント

コメントの投稿

非公開コメント