FC2ブログ

記事一覧

W不倫 遅れてやってきた失恋の悲しみ

西野ももかです。
ご訪問感謝致します。

W不倫 遅れてやってきた失恋の悲しみ

私ももかがW不倫相手の幸一さんと最後に会ったのが昨年(平成29年)の4月。

なのでももかが幸一さんと会えなくなってからちょうど1年たったわけです。

普通、女性の失恋はフラれた直後が一番つらい時期なわけですが

ももかのW不倫の場合はフラれた直後よりも今の方がつらいのです。

たぶんフラれた直後は、あまりにもショックが大きくて

ももかはそのショックという感情を感じることが嫌で、その感情を無意識に抑圧していたのです。

そして、仕事をがむしゃらにやることで幸一さんを失った悲しみを誤魔化してきたのです。

幸一さんを失ったこと、悲しいという感情を感じたくなかったのです。

だから仕事やこのブログに打ち込んで、その感情を麻痺させていました。

大きな失恋という傷をきちんと手当てをしないまま

あて布をするという適当な応急処置だけをして放置していたのです。

その傷が1年たった今になって疼きだしてきたというわけです。

心の傷が化膿してきたのです。

現在ももかは、当ブログのメルマガを執筆していますが
メルマガではももかと幸一さんのことをもっと深く掘り下げて書いています。

そうすると涙が出て止まらないのです。

正直、キツイです。

でも傷が化膿しているので、これ以上放置するわけにはいかない状況にまで追い込まれてしまっています。

今ももかは、ここらで一気に膿を出す時期に来ているということです。

膿って一気に出すときは痛いですが、出してしまえば後は治るのを待つだけです。

でも一気に出さないで放置すると、治るのに時間がかかったりします。

ももかの失恋の傷もそれと同じです。

5年もW不倫をしておいて無傷で生きていられるわけはなかったのです。


これって男性の失恋パターンに似ているかも知れません。

よく男性も、彼女と別れた直後は自由になれた解放感からあまり悲しさを感じないと言いません?

でも数か月~数年たってやっと、彼女を失った悲しみに気付く。

そこで元カノに連絡をする男性が多いというわけです。

「久しぶり、元気?」と。

ももかは、そんな男性の心理がやっとわかった気がします。

ももかも幸一さんと会えなくなった直後は

悲しみよりも、やっとW不倫の苦しみから解放されたー!!という気持ちの方が勝っていましたから。

だから幸一さんと別れて数か月は、まったく涙も出なかったです。

今の方が泣いてます。

なるほど、男性の失恋もこんな感じなのか~と思うと
少し面白いです。笑

男性の場合も、時間がたつと辛かった思い出など忘れて

楽しかった思い出だけが蘇ってくるといいますが

今のももかも正にその状態です。

幸一さんにされた辛かったことを全部忘れたわけではありませんが

それよりも楽しかったことや幸せだったことを鮮明に思い出します。

でもももかが幸一さんに

「久しぶり、元気?」と連絡をすることはできません。

それができたらとっくにしています。

それができたら苦労はしません。

それができないから、消えてしまいたいくらい辛いのです。


幸せな恋愛があれば苦しい失恋もある。

苦しい失恋があるから幸せな恋愛がある。


この世は陰と陽で成り立っているというわけですので

今の苦しみに耐えることも自然の摂理ということにしておきましょうか。

(ももかって何でもこんなふうに倫理的に考えてしまうところが可愛くないでしょ?笑)

では♡

記事のご感想、
不倫・W不倫のご質問やご相談
ももかへのお便りはこちらから↓

コメント

コメントの投稿

非公開コメント